ブランド全般から質屋のことなら任せください。「GLOSSY」

CLLOSSY

 

ルイ・ヴィトンの歴史

ルイ・ヴィトンが評価されるようになったのは創始者であるルイ・ヴィトンが亡くなった後の事であるとされています。
ヴィトンは、当初「グリ・トリアノン・キャンバスGris Trianon」というトランク工場として創始さましたた。
このトランクは現在のイメージとは違い、灰色のキャンバス地で覆われておりとても軽量なものであった。
1854年には彼はエミリー(Emilie Clemence Pariaux)と結婚し、3年後の1857年には息子のジョルジュ・ヴィトンが生まれました。
1859年・アニエールに最初のアトリエを構えろとこから始まります。
1860年・ヴィトンは需要に押されて規模を拡大しました。
1867年・ルイ・ヴィトンは世界博覧会で銅メダルを獲得し、これにより世界的な評判を得ました。
また、1869年にはエジプト総督のイスマーイール・パシャが、1877年にはロシアのニコライ皇太子がそれぞれ1セットのトランクを発注しました。
その上、当時の世界的に力を持っていたスペイン国王アルフォンソ12世からも、大量にトランクの注文を受けました。
当時、トランクの上から布地を貼るというヴィトンの技法は賢明でしたが、容易にコピー商品が出回ることとなりました。
これに対し、1872年ヴィトンは別の布地を使うようになったとされています。
この布地は「Striped Camvas」として知られているベージュと赤の2色で色づけされた布地であるが、しかしこの布もすぐにコピー商品が出回ることとなりました。
だが、コピー商品屈することなく、彼のビジネスは大成功を収めました。
また、私生活の方も依然衰えることはなく、1880年には息子のジョルジュ・ヴィトンがジョセフィーヌと結婚しました。
入籍当日には彼は息子にスクリーブ通りの店を任せました。その3年後にはジョルジェにも子供が産まれルイ・ヴィトンは祖父となりました。

1885年、ルイ・ヴィトンは初のロンドンに進出しました。
1888年には、息子ジョルジュがベージュと茶褐色のチェス盤にルイ・ヴィトンの銘が入った「ダミエ・ライン」と呼ばれるデザインを考案・発表し話題になりました。
1889年のパリ世界博覧会では、ルイ・ヴィトン社に金賞をもたらしましたが、しかし、商標登録もされていたにも拘らず、またコピー商品が出回ることとなりました。
現在では白と灰色の「ダミエアズール・ライン」もあり根強い人気があります。

1890年、5枚羽の錠前を開発し、1892年、ルイ・ヴィトン社はハンドバッグの販売を開始しました。
後に、トランクやハンドバッグなどが掲載された最初のカタログもリリースされました。
その年の2月27日、ルイ・ヴィトンは自宅で安らかに息を引き取り、ジョルジェ・ヴィトンが会社の全権を握ることとなりました。

黄金期(1893年〜1936年)

ルイ・ヴィトンの死後はGeorges Vuittonはルイ・ヴィトン社を世界的な企業へと押し上げました。
Georges Vuittonは、1893年のシカゴ世界博覧会に出展するなど、会社をうまく運営し続けると共に著書「Le Voyage」を出版しこれもベストセラーになりました。
1896年にはヴィトン社はそのトレードマークとなる布地を発表し、モノグラム・ラインと呼ばれることになるその模様は、様々なシンボルと共にルイ・ヴィトンを示す「LV」というマークが描かれています。
Georges Vuittonは、その後アメリカへ航海しニューヨーク、シカゴ、フィラデルフィアなどの様々な町を旅行し、その訪問中にもヴィトン製品を売り歩いていました。
1898年、Georges Vuittonは、パリ・オートショーにヴィトン製品を出展しました。
1900年、Georges Vuittonはパリ世界博覧会の「旅行アイテムおよび革製品」の部門を担当するという栄誉を得、1901年にヴィトン社はトランクの中に入れることのできる小さなカバン「スティーマーバッグ」を発表し、高評価を得ました。
3年後の1904年には、Georges Vuittonはセントルイス世界博覧会において議長を務め、同年ヴィトン社は新商品として、香水や衣類などの商品を小分けにできる仕切りの付いたトランクを発表しました。

注目サイト

大型スーツケースはこちら
http://www.suncoshop.com/