ブランド全般から質屋のことなら任せください。「GLOSSY」

CLLOSSY

グッチの歴史

1881年グッチオ・グッチが生誕し、父親のガブリエロ・グッチはフィレンツェで麦藁帽子の製造を行う「ガブリエロ」という零細帽子製造会社の社長でした。
グッチオ少年はイギリスのロンドンで一旗揚げようと決心し蒸気船の期間助手として働きながらロンドンに辿りつきました。
また、ロンドンでは最下級の労働者としてではあったが最高級ホテルの「サボイ・ホテル」に職を得、グッチオはサボイ・ホテルの皿洗いから一階のウェイターに出世します。
それでもなお低賃金ではあったが、王侯貴族御用達ホテルであったのでチップには不自由しなかったとされています。
更に、王侯貴族の立ち居振る舞いを間近で見る事で持ち物や物の考え方などを学ぶ事が出来たのはチップ以上の価値があった推測されており、その事からグッチオが学んだ事は「原価は何も意味を持たない。むしろ商品の値段が高ければ高いほどそれを所有する事の価値も高くなる」ということであり、有名な逸話になっています。後にこの経験は後のブランドビジネスに大いに活かされる事となり、多くの事を学びグッチオは1901年にフィレンツェへ帰りました。

帰国後はいくつかの商店で昼夜働き、第一次世界大戦の始まりとともに徴兵されます。
大戦後の1919年にフィレンツェへ戻り高級レザーグッズの店である「フランツィ」に職を得て皮革の扱い方を習得し、そして、1922年にフィレンツェのパリネオ通りに自分の店を開き1923年に「GUCCI」の店名を掲げます。
グッチが主力として扱ったのはイギリスから輸入した鞄とその修理であり、この鞄の修理によって壊れやすい箇所やそこをどう作れば良いかなどの旅行鞄の作り方を研究することができ、使いやすく丈夫な鞄を作る術を学ぶことができたとされています。

第二次世界大戦が始まるとイタリアでも皮革は統制品となり革が使えなくなってしまいましたが、代用品としてキャンバス地にコーティングを施して使う事になります。ところが、その配色が思わぬ人気を博したのは幸運であり、1953年グッチはアメリカ・ニューヨークに支店を出しました。
これはグッチオの反対を押し切る形で息子のアルド・グッチが開いたものでした。同年夏グッチオ・グッチ死去しました。
グッチオには非常に多くの逸話が残されていますが、有名なものにイタリア訪問中のエリザベス2世が同店を訪問した時に女王付の侍従が彼に「何か陛下にプレゼントを」と進言したので、鞄を女王に進呈しました。だが、女王一行が去った後、報道陣がまだいるにもかかわらず「金も払わん乞食はもう来るな」と発言をした、というも逸話が有名です。
このようにエキセントリックな言動が大々的に目立ちますが、職人からの信頼もあり彼も職人を愛していました。
その証拠にグッチには他の高級ブランドとは異なり、材料費さえ払えば職人が妻や娘、恋人に鞄を作っても良い、と言う日がありました。
ちなみに、現在は消滅しています。
これは、同社の製品が職人の家族にとって中々手の届きにくいものであったことから、グッチオが自発的に考え付いた職人やその家族へのグッチオなりの粋なサービスでした。

おすすめWEBサイト 5選

夢ハウスのサービス
http://www.shalom-house.jp/home/